フロントガラスの水垢、ウロコ汚れの磨き方

『事故原因の1つ』
車両フロントガラスの水垢、ウロコ、油膜汚れ。

雨の日は晴れた日に比べて、事故の発生件数が4倍にもなると言われています。

首都高速道路(株)によると、雨が降っている時間は、年間の総時間の内約5%しかないにもかかわらず、1時間あたりの交通事故件数は晴天時1,01件に対して、雨天時3,61になり、4倍近くになります。

その原因の1つが、フロントガラスの視界不良です。
油膜や水垢、細かい傷により、特に夜は対向車のライトや街灯などで乱反射を起こし、視界を妨げます。

ガラス磨き、フロントガラスの磨きを習得して、お客様の車のガラスを磨いて、安全に運転できる環境を作ってあげてはいかがでしょうか。

ワンランク上のハウスクリーニングへ!

まずはお問合せ、ご質問おまちしております。

関連記事

  1. 浴室の鏡ウロコ取り 学べます

  2. 「お客様からもガラスがすごく綺麗になったね!と喜びの声をいただきました」 これは海沿いに面したホテルの支配人様からいただいた嬉しいご報告でした! 長年ホテルの温泉のガラスにはウロコ汚れが付着し、落とせずに諦めていたようです。 施設の清掃スタッフの方はダイヤモンドパッドでチャレンジしていたようで、 残念ながらガラスにはダイヤモンドパッドの傷が所々に目立っていました。 ガラスのウロコ汚れは一旦完全に除去しましたが、このままいつも通りのメンテナンスをしていれば、また同じようにウロコ汚れが付着してしまいます。 ご施設の本当の望みは、 綺麗にするということではなく、 常に清潔な状態を保つことです。 日常メンテナンスが簡単になりながらも清潔を保つ方法があります。 それにはまずメンテナンスの見直しが重要です。 弊社では施工からメンテナンス指導まで行っています。 磨きの学校では技術を伝授しています。 お気軽にお問合せください。

    鏡 ガラスのウロコの取り方講習

  3. 4月の磨きの学校受講生募集中

  4. 失敗しないガラスのウロコ取り

  5. 鏡の水垢の落とし方

    たった5分で落とせる鏡の水垢

  6. 鏡・ガラス水垢酸焼けなどのトラブル解消

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP