鏡の白い汚れ 水垢?ウロコ汚れ?なんて呼びますか?

鏡やガラスに付着した白い汚れ。この汚れの呼び方について考えたことありますか。

皆さん、鏡に付着したこの白い汚れ、なんて呼んでますか?

水垢と呼ぶ人もいれば、ウロコ汚れと呼ぶ人もいると思います。

本日は呼び方によって違いはあるのか。という内容でお届けいたします。

まず結論から申し上げますが、

水垢もウロコ汚れも同じ汚れです。汚れの違いはありません。

どちらも水分に含まれるカルシウムなどのミネラル分が原因です。

鏡に付着した水自体は蒸発してなくなりますが、そこに含まれているミネラル分は残るので、それがどんどんと蓄積して、白い跡になるというわけです。

ではなぜ呼び方が変わってくるのか。

強いて言えば、それは汚れの形状にあります。

水垢、ウロコ汚れ、の他に鱗状痕という言い方もあるように、

魚の鱗みたいな汚れ方をしているのもあれば、水が垂れたような痕だったりいくつかの汚れ方があります。

つまり、鏡の白い汚れの総称は水垢であり、中でも鱗状の形をした汚れをウロコ汚れや、鱗状痕と呼ぶのではないでしょうか。

あとは業界によってウォータースポットなど呼び方の違いはあるようです。

が、結論としては呼び方によって汚れの違いはなく、水垢という総称。形状によってはウロコ汚れと呼ばれる。

ということです。

磨きの学校では、水垢であろうがウロコ汚れでろうが、どんな水垢でも簡単に落とせる方法を学ぶことができますので、ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お待ちしております。

関連記事

  1. 4月の磨きの学校受講生募集中

  2. ウロコ水垢で汚れた鏡 買い取ります

  3. 女性でもできる鏡の水垢の落とし方

  4. 「お客様からもガラスがすごく綺麗になったね!と喜びの声をいただきました」 これは海沿いに面したホテルの支配人様からいただいた嬉しいご報告でした! 長年ホテルの温泉のガラスにはウロコ汚れが付着し、落とせずに諦めていたようです。 施設の清掃スタッフの方はダイヤモンドパッドでチャレンジしていたようで、 残念ながらガラスにはダイヤモンドパッドの傷が所々に目立っていました。 ガラスのウロコ汚れは一旦完全に除去しましたが、このままいつも通りのメンテナンスをしていれば、また同じようにウロコ汚れが付着してしまいます。 ご施設の本当の望みは、 綺麗にするということではなく、 常に清潔な状態を保つことです。 日常メンテナンスが簡単になりながらも清潔を保つ方法があります。 それにはまずメンテナンスの見直しが重要です。 弊社では施工からメンテナンス指導まで行っています。 磨きの学校では技術を伝授しています。 お気軽にお問合せください。

    鏡 ガラスのウロコの取り方講習

  5. 副業でガラスや鏡を磨くことは可能か

  6. migaki200321

    磨きの専門的な知識を学べる学校

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP